効率良く仕事が出来る人がいるのは何故?出来る人になる方法

仕事の効率が上がらない人のための情報ツール

効率を上げるための考え方

こだわりを持ちすぎない

仕事を頑張っているのになぜか効率が良くないという人の中には、こだわりが強すぎるというケースがあります。
良く言えば、完璧主義です。
仕事に完璧を求めるのは、悪い事ではないのですが、自分の実力以上のことを常に求めてしまうと、一つの業務にとても時間がかかってしまい、効率はどんどん悪くなってしまいます。

また、自分の中の完璧は他人から見て必ずしも完璧というわけではないので、思ったほど評価されず、モチベーションが下がってしまうこともあるのです。
良い意味で、手を抜けるところは手を抜いて、効率的に仕事を進めることが効率アップのコツではないでしょうか。

しかし、手を抜くためには、どの程度手を抜いて良い仕事なのかを見極める必要がありますので、注意しましょう。

休むことは大切

仕事が終わらないと、残業や休日出勤、または家に持ち帰って仕事をするという方も少なくないのではないでしょうか。
どんな人でもたまになら、そんなこともあるとは思いますが、これが毎日のように続いてしまうと、当然睡眠不足や体調不良、ストレスとなり、勤務時間での仕事が進まずまた残業と悪循環が止まらなくなってしまいます。

疲れがたまってきたと感じたら一度立ち止まってみてください。
立ち止まると見えてくるものがあるはずです。
特に睡眠不足や体調不良の時は、正常に頭が働かないので、見えるはずのものが見えなかったりします。
そうなると、急いで仕事をしていても遠回りとなってしまうことが多いのです。

急いでいる時に立ち止まることは勇気が必要ですが、冷静になれない時ほど勇気を振り絞って立ち止まってみてください。


▲先頭へ戻る