効率良く仕事が出来る人がいるのは何故?出来る人になる方法

仕事の効率が上がらない人のための情報ツール

習慣化することで効率アップ

効率が悪い人の特徴

仕事の効率が悪い人は一体他の人と何が違うのでしょうか。
本人は一生懸命仕事をしているのに、なぜか作業が遅れてしまう人の特徴を見ていきましょう。

まずは、今日やらなければいけない業務の整理がついていない人が多いです。
出社してから、目の前にある業務から始めてしまって、その業務がどれくらいの時間がかかるのか、重要性はどのくらいかなどの確認しないまま、ただ始めてしまいます。
一日のスケジュールを決めて、しっかりと把握し、重要性を考えた上で業務を進めていくだけで仕事の効率は変わってくるのです。

また、ほとんどの人が頑張っていないわけではなく、ただ業務の効率が悪く、時間や手間を人一倍かけているので疲れがたまってしまうことが多いです。
疲れがたまってしまうと、頭が働かなくて、更に効率が悪くなってしまう結果になってしまいます。

仕事の効率が悪い会社とは

日本の企業や会社では、まだ昔のように年功序列を最優先にして、効率の悪い仕事を強いているところがけっこう存在します。
仕事の効率ではなく、一生懸命ガムシャラに働くことで大量の業務を無理やり消化するというものです。

そのような会社ではほとんどの場合、年功序列で、昔の仕事のやり方以外を良しとしない風潮があり、新しい効率の良い方法があったとしても、「怠け者」と捉えられてしまうことがあります。

もちろん、昔のやり方が全て良くないわけではありませんが、視野の狭い上司に逆らえないような環境の会社ですと、無駄な残業や休日出勤が多くなってしまうのです。
もしかしたら、仕事が終わらないのは、自分のせいではなく、その会社自体のやり方が悪いのかもしれません。


▲先頭へ戻る