効率良く仕事が出来る人がいるのは何故?出来る人になる方法

仕事の効率が上がらない人のための情報ツール

習慣化することで効率アップ

一生懸命仕事をしているのに、なぜか効率が悪く、早く業務を済ますことのできない理由を探っていきましょう。 現状をしっかりと理解することは、仕事の効率アップの第一歩となります。 自分の何がいけないのかを、見つめ直してから改善方法を試してみてください。

効率が悪い原因を改善

自分は仕事が遅いと感じたら、その原因をしっかりと見直して、改善していきましょう。 原因がわかれば、それを直していくだけで改善が望めるようになりますよ。 仕事がスイスイと効率的に進めるようになれば、自然とモチベーションも上がり、やりがいが生まれますので、チャレンジしてみてください。

効率を上げるための考え方

仕事が思うように進まないと、モチベーションも上がらず、悪い方向へと考えてしまいがちです。 そんなことが続くと、悪循環となり、抜け出せなくなってしまいますので、仕事の効率が上がるような気持ちの持ち方を考えてみてください。 気持ち一つで、仕事が楽しくなり効率が良くなるかもしれません。

なぜ効率が悪い?

仕事の効率化を図るために、習慣としたものが良いと思われるものをいくつかご紹介します。
普段から習慣としてしまえば、面倒くさくなることなく、自然にできるようになりますので、できるだけ実践してみてください。

週の初めに一週間のスケジュールを決めましょう。
仕事が終わるように無理に詰め込むのではなく、余裕を持って、最低限終わらせることのできる予定を組み込みます。
予定外のことがおきなければ、自分の計画通りに仕事を進めていき、一週間の終わりの日に、予定通り仕事することができたのか、時間配分はどうだったのかなどを振り返ってみてください。
振り返ってみて、余裕を持ってできたのならば、徐々に自分のペースに合わせて次週から時間配分を短くしてみたりなど調節してみてはどうでしょうか。
最初は予定通りにいかなかったりと、あまり楽なことではないかもしれませんが、予定をたてることが習慣となってしまえば、自分の仕事のやり方として定着してきますので、ぜひお試しください。

あとは、デスク周りの整理整頓はぜひ習慣化してもらいたいことの一つです。
大切な書類や仕事に必要な用具など、いちいち探す手間は効率的ではありません。
仕事のしやすい環境を作って行くことも社会人の一つの仕事となります。

また、どんなに忙しい時期であっても休憩はきちんととるようにしてください。
長くはない休憩時間を潰して仕事をしても、たいして仕事を進めることには繋がりません。
きちんと休憩をとって、リフレッシュしてから休憩後の仕事に打ち込んだ方がよほど効率的と言うことができます。

▲先頭へ戻る